Works事例

事例


STI EJ20エンジンの最終版 スケールモデル。

スバルテクニカインターナショナル様、から、EJ20エンジンの生産が終了するので、とても偉大なエンジンなので、記念になにか作りたいと、以来あがあり、ではスケールモデルを作りましょう。ということになりました。
話は簡単でしたが、実際は3Dデータは一切出せないという事で、エンジン自体を、3Dスキャンする事になり、群馬のスバルの工場に伺い、撮影スタジオを借りて、エンジンをスキャンしました。

その後、スキャンしたポリゴンデータを下絵にして、スケールモデルにした時に見栄えするよう細かくデフォルメなどしながら全体をモデリング、更に切削加工出来るようにパーツ割をし、全てCAMで計算しました。
 
 


メインのブロックは5軸加工機を使用して、その他の部品も、ケーブルなども、全てジュラルミンの削り出しで表現しました。
 
 
 
 

部品点数120を超えて、組み立ても非常にコツのいる難しい作業となりました。

 
 
組み立てると、とてもいい感じとなりました。

 
 

大変貴重な経験をさせていただきました。
商品の反響も大変あり、高価格でしたが、海外からも注文があり、多数制作しました。


EDGEFFE

2012年、自動車部品を製造する、静岡県の「中部プログレス株式会社」からの、以来で始まったブランド構築から、世界戦略、製品のこだわり、全てを注いだプロダクト。

 
クライアントからの依頼で、新しい今までにない、商品を作りたいと、展示会で依頼があり、それからスターした、ブランド構築事業。

 
 
幾度となくデザインを繰り返し、初期モデルとして2タイプのカーボンアタッシュケースを開発。
ドライカーボンとレザーの組み合わなど、今までのファクタスデザインのノウハウをフルに活かした商品となった。

 
細かいディテールを幾度となく、試作を繰り返し、できる限りのプレミアム感を表現した。
 
 
 
 
キーもチタンの削り出しでアタッシュケース専用に製造。
持ちては、レザーと組み合わせてエレガントさを表現。
 
 
2016年には、イタリアのMIPELに参加し海外のバイヤーにも高評価をもらった。
 


自走ロボット「Mighty」

株式会社piezosonicの自走ロボット。
pezosonic社創業当時からの、クライアントで今回のマシンは2022年のCESイノベーションアワードを受賞している。



 

自走ロボットであるが、トランスポーターのデザインを意識したデザイン。
一目見てどちらが前か後ろかわかるようにデザインをしている。